(質問)  私は長沙で日本語教師が出来る場所を探していますので紹介していただけると幸いで
す。よろしくお願いします。
出来れば来年の3月ぐらいを予定しているのですが・・・

    
やはり、市民、庶民との毎日のふれあいがあって初めて中国に暮らしているという実感がありますね。
 ボランティア教師、「つまり生活(住いや食事)は提供されますが、報酬(給料)は期待できない。」なら、うちの協会との姉妹校ともいえる「長沙市科技日語学院」や池田光栄氏が勤めておられる九江市(江西省)の九江大学などにお願い出来ますが。あと、僕の留学生友人で青島市の街にある日本語大学も、もしかしたら、(こちらは有給で)可能性はあります。
まあ、一度、会って話をして見ましょうか?上の三つも、今、すぐに決まるかどうか?分かりません。僕の関係している長沙市の方は、秋(9月新学期)の先生が決まっていますが、ボランティアなので、もう一人、お願い出来るかも知れません。こちらは、12月(冬休み)迄で一区切りになります。又、延長(2月末から7月まで)・・・と、そんな感じです。 HPで長沙日本語教師日記(4人)を見たら生活内容から授業内容まで良く分かります。
なお、当地の一般給与が1万5千円ももらえません。従って、教師の給料も多くて2万足らずでしょう。なまじ貰って、拘束されるより無報酬のほうが自由です。生活費は一日、千円足らずで充分ですから、月に2万もあれば生活に不自由はしません。尤も、僕は、生徒たちに奢ったり、週、3日の休みを、近辺の都市に泊りで旅行をしまくってましたので結構遣いましたが。それでも、こちらから行くツアーの10分の一ほどでした。
 今、行っている○○くんなどは生活体験(生徒レベルの)と、日本語教師としての使命感が主眼のようですので、お金は殆んど遣っていないでしょう。僕の予想では月1万位かもしれません。
 長文になってしまいました。人生の最終コース(長さは自由)に入って、夢と気力を持ち合わせておられる内に、気長に待つは禁物です。「今がチャンス」、が「あの時がチャンスだった」にならないよう。生意気なアドバイスですが・・・・・

     はじめまして。私はMKと申します。
長沙日本語学院の日本語教師募集について問い合わせいたします。
 1 私は、出身学校生活とも鹿児島県と関係ありませんが応募資格がありますでしょうか。
 2 期間は3ヶ月だけですか。1年間を希望します。
 3 赴任中の待遇はいかがですか。(住居、食事、給料な ど)
以上についてお知らせくださいませんか。

     .>  1 私は、出身学校生活とも鹿児島県と関係ありませんが、> 応募資格がありますでしょうか。 鹿児島市と長沙市が友好都市ということだけですのであちらの日語学院が鹿児島県人を、と言っているわけではありません。今年、秋から行く方も山口県宇部市の女性の方です。
>
 2 期間は3ヶ月だけですか。1年間を希望します
 長沙科技日語学院は3月入学から7月15日までを春学期。後夏休みで9月1日から12月までが秋学期。1,2月が冬休みになっています。ですから、春生徒は秋学期まで在籍して「日本語検定2,1級」を目指します。従って本当は、通して先生をしてもらうほうがいいのです。
>
 3 赴任中の待遇はいかがですか。(住居、食事、給料など)
住居、食事は提供されますが、ボランティア活動ということになっていますので、この学院は給料は出ません。本当の日本人による日本語を教えることを目的の仕事ですので、カリキュラムを消化しなければならない,などの制約がない、楽な授業です。
 又、湖南の平均月収は1万円ぐらいですし、その3倍ぐらい2000元貰って、制限されるよりボランテイアのほうが良いという方たちにお勧めの学校です。当地での一月の生活費は2万円ぐらいのものですから。
 週3日は休みで、一日のコマ数も少なく楽です。生徒は18歳〜25歳まで位の殆んど女性です。全寮制です。 当地での教師生活については、HP http://www.nihao-kagoshima.jpの中で今までの派遣教師が日記を書いてもらってますので、それを見ていただくと良く分かります。現在、竹下さんが7月まで勤務中です。
 松田さんの中国で教師をしたいという想いが何なのか?が一番問題だと思います。 
>
以上についてお知らせくださいませんか。

     日本語教師に非常に興味があります。もっと詳しい事が知りたいです。
私は日本語学科を卒業していませんし、全くの素人です。ですがやる気は十分です。
派遣先は中国との事ですが、お給料や渡航費などは出るのですか?本当に経験のない
私でもやれるのでしょうか?
    長沙の日本語教師はまだ募集中ですか?中国語検定四級に合格しただけの人間にも
できますか?
 

     様:
 鹿児島市日中友好協会の大石と申します。
 メールしっかり一通届きました。
 日本語教師募集についてのお問合せですが、現在募集中のは長沙市人民中路通称ヤオリンという所にある進修学院・日語学院という私立の日本語専門学校です。生徒は20歳前後の男女です。
クラスは3クラスあり。全寮制です。創立して未だ3年程で院長夫妻共、教鞭をとっている新進の学校です。 私も実は院長範例氏の友人(長沙市役所)の研修先が鹿児島市役所で彼を介して3ヶ月日本語教師をしていました。
 寮〈住まい〉と昼食は提供されましたが報酬は実は頂かなかったのです。その代わり授業は週8時間と少なく、火、土日と休みでしたのでその分いろいろ短期旅行などしました。 範院長より「大石さん、同じような条件で学校を手伝ってくれる人いませんか?」と頼まれましたので今探しているところです。    様の日本語教師への応募心得がどんなものか分かりませんので、以上のような、回りくどい説明をしてしまいました。 私のそこでの生活は協会のHPで細かく紹介してます。どうぞ、ご覧になってもし、興味を持たれましたら又、メールをください。いつでも紹介させて戴きます。

     はじめまして。
・ 仕事の内容は中国人の先生のアシスタントをすると言うことでしょうか。
お返事お待ちしております。お忙しいところ、ご面倒かけます。よろしくお願いします日本語教師の募集についてお尋ねしたいのですが、
・ これは鹿児島市内のみの募集でしょうか、それとも他県からでも応募でますか。
    さっそくのお返事ありがとうございました。突然の質問のみのメールでたいへん失礼しました。
実は4年前からボランティア日本語教室で週2日、個人授業(家庭教師です)で1人週1日教えています。相手はほとんどが中国人です。
ただし、その教室は授業をするわけではなく、大勢の日本人が普通は一対一で教えるもので、多いときでも一度に五、六人までしか教えたことがありません。
受け持ったことのある学習者のレベルは入門から検定2級受験対策までです。
現在は初級の人1人、短編小説・童話を読んでいる人2人、中級(おしゃべりするだけ、文法については質問が出たときだけ説明)1人を担当しています。
以前、2学期分(6ヶ月)ほど市が開いている日本語講座を見学していたことがあるのですが、私が手伝ったのは授業が聞き取れない人の通訳やペアワークの相手役などだけで、教案を作って教室全体を教えた経験はありません。ですから単独で40〜50名にほぼ毎日教えると言うのはかなり難しい気がします。
周りの先生方にもいろいろ聞いてみて、もう少し考えてから今回応募するかどうか決めたいと思うのですが、
・ 締め切りはいつでしょうか

    こんにちは。メール戴きました。
 質問についてですが、教える教材は学校側で提供されます。教科は僕の場合は『作文』『日本事情』  課外授業に『司馬遼太郎のエッセイを解説』してあげました。
 こちらの日本語学校で使用している「みんなの作文」と同じと思ってください。
 文章を読んであげたり、生徒に読ませて、直してあげたり、宿題に「私の故郷」「僕の趣味」などの作文を出して、一人づつ教室で読ませたり、その中で日本との比較をする。 
 まあ、そんな感じの授業と思えば、何もむづかしくないです。
 友人で同じ長沙市の「長沙大学日本語教室教師」竹岡さんのHPがあります。現在、滋賀県に住んでおられますが、彼のHPも見られたら良いと思います。
http://geocities.yahoo.co.jp/dr/view?member=t_a_k_e_o_k_a
http://www.geocities.jp/t_a_k_e_o_k_a/
 応募期限というのは特別設けてありません。
是非、長沙に行って見ると良いですね。その時は紹介しますから「長沙日語学院」に行って見られたら如何でしょう。院長先生に会って、教室も覗いて見られたら『百聞は一見に如かず』中国語で百聞不如一見(bai 3wen2 bu4 ru 2yi 1jian4)と言いますからね。
 山口県の方だったのですね。もし、湖南に行かれたらぜひ『鳳凰』に行ってらっしゃ。

 

     大石様
湖南旅行時にはぜひ紹介、お願いします。
鳳凰には必ず行こうと思っています。
3
年前に北京で知り合った湖南省の人に、張家界と鳳凰を勧められて沈従文の小説も買ってるんです。まだ読み終わっていませんけど。

返事まで間があいてしまって、何のことかわからないんじゃないでしょうか。すみません。

この2週間は友人宅に中国の中学生(宇部市の姉妹都市、山東省威海市から)がホームステイしたり、所属している国際交流団体の行事が二つ立て続けにあったりして、観光と遊戯王の対戦の通訳の合間を縫って書類作りしてました。
中学生、かわいいですね。友人から「英語が通じない!」というSOSが入って行ったんですけど、面白かったですよ。聞いてみると、得意科目は英語だけど話せないんだそうです。日本人もそうですよね。
みんなの日本語の「やさしい作文」は、たまに使いますが、みんな書きたがらなくてしょっちゅうはできません。北京で学校に行っていたときは、造句と作文漬けで毎日つらかったけど、これが結局いちばん効果的だと思ったので、学習法を聞かれたときはいつも勧めているんです。留学生たちは論文があるので、いずれは書くことになるんだし、会話をするときにも、言い回しが楽に思い出せていいんですけどね。
長沙で日本語を教えることについてですが、チャレンジしてみようと思います。

 

      ご指摘の学歴は全く関係ありません。住いは学校の中の教師寮もありますが、3代目
教師は院長の家にホームスティしてました。快適だったらしいです。
 ボランティアですので生活面はかかりませんが給与(向こうの平均給与は日本円で大体1万円ぐらい)は出ません。近辺の旅行地は先生方が連れて行ってくれます。
 鳳凰旅行は長沙からだと現地ツアーで1泊して5千円(日本円)ぐらいでした。
僕の鳳凰旅行や竹岡さんやヨージエさんも書いています。弁解しておきますが、僕の旅行記はストーリー上はフィクションが多いので日記とは少し違います。読者に誤解されていて、「羨ましがられていますが・・」

 

      昨夜、長沙市科技日本語学院の範例院長から電話がありました。
 ○○様に一度、メールしたけど返事がなかったとか、彼の、というか中国からのメールはときどきトラブルがあって、僕も、相手には届くけど、こちらは返事を受け取れない。というケースがあります。また、中国人は往復に間があり過ぎる傾向が有ります。
 また、メールでもしていてください。彼曰く、「出来たら八月末には中国に来て欲しい」と言っていました。9月新学期が始まりますからね。
 いろんな細かいこと、知りたいこと、何でも遠慮なく聞いてくださいね。
直接、範例院長にメールで聞いても、電話されても(日本語OKです)喜ぶと思います。
 電話は携帯: 86(国番号)−13908481437 です。
日本からする場合はコンビニ(全国どこでも)で「東方国際電話リチャージカード」を買います。、3,000円券で1分7円で中国との通話が出来ます。0033(NTTコミニュケーション)−010−や009130ー010(携帯)などからの通話の10分の1です。 使い方は簡単、まずカードを買ってアクセス番号0066−224−888をダイヤル 次にカード裏の暗証番号を入力、説明の後、国番号(86)のあとに携帯なら13・・・・で始まる番号11桁を入力して#を打てばもう相手に通じます。是非試してください。

 

はじめまして。メールで失礼します。

鹿児島県出身で現在、福岡で塾講師をしているTYと申します。

現在22歳です。子ども達と共に勉強することに喜びを感じ、大学在学中に中国語の高校教諭免許を取得しました。日本の子ども達と中国の子ども達、相互の交流の手助けをしていきたいと考えています。 

日本語教師募集の件に非常に興味があります。応募の方法を詳しく教えていただきたく、ご連絡させていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。

 

鹿児島市日中友好協会のHPをご覧になりましたね。 http://www.nihao-kagoshima.jp 

具体的な内容は僕の長沙日本語教師日記や新原日記、最新では現在長沙市で教師中の竹下日記などで

生徒達との授業風景、生活体験などわかると思います。 

 一口で言って、とても楽しい異文化体験です。皆、とても熱心な生徒たちです。なにしろ、日本語習得のためだけに毎日過ごしている生徒たちですから、高校や大学の選択授業とは違います。

 生徒といっても20歳を中心にうえは30才ぐらいまで、8割は女性です。卒業したら現地の日本企業に就職します。

日本語検定2級・1級を取るのが目標のひとつです。 

 ただ、僕達の場合は素人教師ですから田辺さんのように正式に免許を持ってるわけではないので、日本人が本物の日本語を聞かせるだけで目的の一つは解決でしたが、新原さんはこちらで日本語教師をしていましたし、今、行ってる竹下氏はこちらの高校で校長経験者です。 

 私達の紹介する「科技進歩日本語学院」は長沙市では一番の私立の学校です。

 期間は春夏学期が3月から6月までで、秋冬が9月から12月までです。正確には11月中頃には終了するので後は中国旅行をしたりします。 

 部屋は立派な宿舎が提供され、食事も提供されるようですが、報酬はボランティアということで支給されません。

大学等は年契約で月に2万すこしはあるようですが。新原さんの場合は院長自宅にホームステイさせてもらいました。 

 でも、気楽に学校の中の寮の方が自由があるかもしれません。

・・・・・・だらだらと、思いつくまま書いてしまいました。以上のような環境です。

応募方法については特に試験も面接も不要です。鹿児島におられたらお会いしてコミニュケーションを図りたいとおもいますが。

 

 さしあたって、上の状況をお分かりの上で興味をもたれたら、一度、写真と履歴書を送って貰えたら幸いです。

 中国は行かれたことはございますか? 長沙市には?そうそう、大事な事を忘れていました。実は、今行ってる竹下氏が帰ってきて、次の秋からは派遣教師が決まっています。30才ぐらいの女性で、現在、山口に住んでおられます。 

彼女が行けなくなったら秋にお願い出来ますが、さもなくば来年春、つまり3月から6月までの教師滞在となります。勿論、延長も可です。

 

返信いただきありがとうございましたTYです。 

ホームページを拝見したところ、過去の先生方は、人生経験も教師経験も豊富な方ばかりで、私など足元にも及びませんが、同年代の生徒さんたちと私なりの交流をさせていただきたいと思っています。日本語教師の資格は持っていませんが、もし来年の春から派遣していただけるならば、それまでに日本語教師として必要な勉強を十分にしていきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします。 

長沙市には行ったことはありませんが、昨年北京の映画祭を見に行き、それ以来中国映画マニアです。 

是非応募させていただきたいので、履歴書と写真を協会の住所に送らせていただけばよろしいでしょうか。メール添付や他の住所に送る必要がある場合はお知らせください。宜しくおねがいします。

 

●TY様:
 メールありがとうございます。
人生経験はともかく、してみたいという気持ちを一歩踏み出す勇気があっただけで田辺様の日本語教師在中国の資格は充分ですよ。 願望や夢は誰でも持っていますが、この一歩(行くという)の意思が勇気のいることだと思います。 ただ、これまでの例で3名は確実に、二歩目で断念しました。それは、ご両親の反対でした。二歩目のクリアも期待しております。 履歴書、写真(スナップ2枚ほど)をメールで送ってもらってもいいですよ。むろん、郵送でも可。 コピーして中国の日語学院にも送ります。

     大石先生:
上海長沙間の最終便が、○○先生が利用された頃と変わってしまい、どうしても上海に宿泊しなければならないようです。

○○先生にも空港近くの安いホテルを教えていただき、ホテルに泊まることに関しては不安はなくなりました。ですが、やはり上海に行ったからには観光をしたいので、先生のお友達の都合が合うなら、ぜひ案内をお願いしたいです。

     大石先生:
私の方にも範先生からメールが来て、2月18日の便が良いでしょう、とのことでした。
ちょうど土曜日ですし、2月18日に決定したいと思います。
ですので、東方航空の○さんに2月18日の上海行きと2月19日の長沙行きが頼めるか、聞いていただきたいのですが、大丈夫でしょうか。
お忙しいようでしたら、連絡先を教えていただければ、自分で交渉してみますので、よろしくお願いいたします。

     長沙の3月は寒くて雨が多いですよ。最初、皆、風邪を引きます。あちらの風邪は日本の薬では
治りません。ぼくも咳が止まらず苦労しました。Fさんはとうとう帰るまで治らなかったようです。

 気をつけてください。朝の授業は8時開始ですから、きついです。寝る時はあんか(軟らかいのがあるでしょう)必要かもしれません。貴女が体温の高いタイプなら分かりませんが。そうなると、変圧器が要です。
 パソコンなどの機器は320VまでOKですが。髪を乾かすハンドラは持参ですか?日本製は100Vですから要です。ホッカイロも手の平サイズのミニドントを持参した方がいいかも知れません。食べ物ではバターがなかったようです。缶入りでも持参しましょう。
塩も持っていくと便利です。中国人は塩を食卓ではかけたがりませんから置いてないです。塩ナシのゆで卵は日本人は食べられません。傘や履物などはウォルマート(巨大スーパー)に行くと極安で買えます。

日本語教師に応募したいのですが 大切な質問があります。

1.年齢不問ということですが、引退の年齢でもよろしいでしょうか。

2.元日本国籍でしたが、今は、アメリカの国籍です。この件に関して問題がありますか。

3.給与は、どのくらいですか。

4.住居は学校で提供していただけるのですか。 

学校案ないをクリックしましたが、開きません。 案内書をメールで添付していただけますか。 

6月に北京を訪問し、中国文化に魅せられました。 現在英語圏(ハワイ)で日本語をおしえておりますが、中国で新しい経験をしたいと希望しております。 お返事をお待ちしております。                                          

大石先生

 

メールありがとうございました。実は年齢の件で、60代の後半なので、駄目です。それでもいいというところをさがしてみます。

応募目的は、日本語教育と異文化体験両方です。 英語圏を離れて最後の挑戦をしたいと考えているのですが、年齢の件で無理かもしれません。

健康良好ですが、いっぱんの年齢のイメージがあるので仕方が無い事です。

貴重な地域情報ありがとうございました 

 ●WN様 

 私共の会員で九江で教鞭をとっておられる池田ご夫妻は○歳です。又、今年、6月迄長沙にて日本語教師をしていたT

氏も65歳でした。 健康良好で、未来志向の方は、たいていが年齢より若く見えるものです。ですから、年齢イメージもあてになりませんね。

 僕も60台ですが、あちらでは50前に見られたこともありました。ですから、僕の言った50台までとは実年齢ではありません。

 もし、良いところがなく、最後の挑戦の夢が続くようでしたら、一度、履歴書と最近のお写真(スナップがいい)でも、Eメールでお送りください。 学校の方に送ってみます。ボランティアですので1週間ぐらい、訪問して見るのも一案かもしれません。  

  WN様のお気持ちはよく分かるつもりです。

 今、先日行って来ました青島・済南・泰山・曲阜の旅行記を書き終えました。暇な折、ご覧ください。

 

●お返事ありがとうございました。 じつは、長沙のChangsha Mingzhao Japanese Language Institute という私立の学校が、来年の九月から受け入れてくれるという知らせがありました。 大石先生は、長沙について深い知識をおもちですので、お暇な時に、いろいろと教えていただけますか。 私は、ホノルルに在住しておりますので、大阪経由で、香港ー長沙となるのでしょうか。 香港から長沙まで、電車があるのですか。 来年の三月に一度行ってみる事を計画しております。

今年の6月に北京を訪問し、ほんの5日間の短い滞在でしたが、中国文化に初めて触れ、大変魅せられました。 ですから、私の中国についての知識は1〜10の中1以下です。動機が8で、勇気が10というところでしょうか。中国語は、大学で初級の1と2をとっただけですが、今車の中でcdを聴いてヒアリングの練習をしています。中国の旅行記ありがとうございました。 そして、奨励のお言葉感謝します。 ところで、長沙に大きなプールがあるでしょうか。 健康保持のため私は、週に3〜4回オリンピックサイズのプールで300−400メートルぐらい泳いでおりますので、出来れば続けたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。 

●大石先生、 

4月2日長沙より帰ってきました。

旅のスケジュールがハードでつかれました。成田、台湾、香港、経由長紗という長い飛行スケジュールでしたが、多分もっと簡単な行き方があったと思います。学校は、郊外の端にあり、学校のバス以外公共のバスがなく、かなり、交通の便が悪いところです。学校からまちまで工事つづきで、まさに発展途上の町といった感じでした。 学校は、大変充実しており、生徒の学習態度も能力も優秀で、感動しましたが、あまり、不便な場所なので、今考え中です。 学校の方も私の体力を心配して、まだ、最終的な契約を提供してくれません。 立派な博物館に案内され半日観光をたのしみました。 ところで、最後にいただいた、大石先生の生徒さんの連絡先をうっかり家におきわすれて連絡することができませんでした。すみません。とにかく本当の中国を見てきました。 いろいろと貴重な情報をありがとうございました。  

 
しばらくです。 九江留学の手続きを正式に進めております。 池田先生からはいつもメーtルでお世話になっています。 中国人の保証人を探してくださるそうです。 私の方は、いろいろと今の生活からはなれる準備があるのでたい変です。 池田先生を紹介していただいたこと、かんしゃします。 上海からバスで12時間の距離はかなり遠い様ですね。又、メールします。 

 幸いにして定職に就いていませんから、先方の都合の良い日から着任しましょう。(旧暦ですかね)寒さは、鹿児島の寒さと同じくらいのようですので、私にとってはどこにいても一緒ですから。(2月が新学期の始まりですか) 

@ 就労ビザが出ると、2ヶ月ごとに国外に出る必要がないのでしょうか。だったらそう願いたいです。 

A 向こうからの招請状のような書類があると、ビザの発給が短縮されるのですか。(無くても1週間程度で発給さ 

  れるようですが) 

B 授業は、2年生だけでしょうね。(1年生の授業は、もっと中国語が上達しないと無理でしょうから)

さて、Tくんのことですが、メールが届きました。以下のような。住いの事を聞いてますが、そちらで準備してくれますよね。ぼくのときは、最初は寒くて凍えてました。それと、シャワー設備が悪く、まいりました。

快適シャワーだけはよろしくお願いします。範先生にお伝えください。 

期間その他、ビザの延長処置など、よろしくお願いします。

尚、報酬はない、ボランテイアと伝えてますが、鹿児島から赴任する他の友人達が各、中国の大学の場合、大体、2〜3000元は貰っています。 その辺をふまえ、宿の他に、食事の提供をしてもらえないか?訊いて見てください。 

2〜3ヶ月の短期の場合は、こちらの事情も体験みたいなもので、逆に、受け入れ側の方が世話に金がかかると思います。慣れたと思ったらもう帰国ですから。 僕も体験して、学校側や、範先生の気遣いをよく感じました。 

もっとも、今度行くTくんはとても真面目で静かな男ですから、自分が学校で「どんなお役に立てるか?」と心配しているようです

行くまでに中国の歴史と周囲の町の様子は勉強しようと思っています。 

@外にどんな授業の準備をしておけばよいか教えてください。 

A授業は100分授業のようですが、週に何こま程度持たれたのですか。

     範先生のメール転送、ありがとうございました。今日は出かけたものですから返事が遅くなり申し訳ありません。

読みました。いよいよ実現するのか、という気持ちになりました。 

早速、履歴書と先生への初めてのご挨拶文を入力します。手紙文には庭先で取った顔写真を添えてメールで送ろうと考えています。 

早速と言っても、土・日・月(月は午前中)は野暮用で時間が取れませんので、発送は月曜日以後のメールになりそうです。 

中国滞在中の要望については、

@ 「会話」は専門的勉強をしていませんので「日本事情」のみとしてください。

A 教科書は用意してくださるのでしょうか。

B 宿舎は学校に歩いていける範囲(2km以内)、静かな住宅地で、買い物にも便利な所。 

@〜B程度でどうでしょう。貴君から以前、1校時(1時間目)は避けたほうがいいような話を聞きましたが、その要望も入れた方がいいでしょうか。その外に、経験上から何かありましたら教えてください。

 

●範先生からのメールを転送します。

何かビザのことで履歴書が欲しいらしいです。ビザはあちら申請するのではなくてこちらの旅行社を通してもらうものです。

観光ビザ(半年)で僕は行きました。どうしても就労ビザは取れませんでしたよ。 

中国仕様の身体検査(15000円で公の病院での診断書要)までしたのに何の役にも立ちませんでした。結局、あちらで滞在延長(二ヶ月)を範先生に頼んでもらいました。ちなみに2ヶ月は最初のビザで滞在出来ます。

 ですから、Nさんたちは多分2,3ヶ月の観光Zビザで行ったと思います。 

 こうして、先生の方で心配して下さるので早めに履歴書を送った方が良いかも知れません。 

何故なら、彼は長沙市の外事弁の国際旅行局のビザ担当官が親友とか言ってましたから何とかなるのかも知れません。 

 2ヶ月目に一度国外に出るのは勿体ないことですから。それは、学校側から見ても言える事です。

 

     大石です。

そろそろ持っていく物の準備取り掛かっているところでしょう。
向こうの3月はまだまだ冬です。昼はそうでもありませんが、そこでホッカイロは持って行ってた方がいいと思います。腰や背中に付けて夜はコタツ代わりになります。ちいさいサイズを20個も持って行けば充分です。実は向こうのスーパーでもあるのですが、3月中頃になると引っ込めてしまうんだそうです。 僕も2,3軒スーパー回りをしましたが、やっと一軒、奥から見つけてきてくれました。
4月になればもう春近しです。靴は履きやすいのを1足あれば、あちらでスニーカーをウォルマート(巨大スーパー)で500円ぐらいで買えます。生活用品などは何でもあります。よく、お茶づけとか、梅干とか、日本茶とか、持って行きますが使いません。僕は、朝、パンと日本から持っていった「インスタント味噌汁」を良く食べました。パンといえば、あちらには日本式のバター「雪印、森永」はありません。あのタイプが 無いのです。ジャムとかチーズはありますがトースターが無かったです。
 それと、塩は是非持って行ってください。小さな小瓶に入ったあの食卓塩は絶対にありません。
もっとも塩は何処でも、言えば持ってきますが「バ イェン ディ ゲイ ウォ 」又は「ナーラィ イェン」と言えばいいのですが、場所によっては通じにくです。是非、試してみられたら。
僕は皿に盛った塩を必ずツァン1ジン1ジ3(紙ナプキン)に入れて,街でお粥(ズォ)を食べる時にそっと入れて食べてました。日本から、小さな瓶入りの塩を持ってきてたら、食堂の小姐(店員)が「ジォシ シェンマ?」と会話が始まり、楽しかったろうに、といつも思っていました。
 ところで、2,3よく使う、通じる言葉を教えましょうか?男の係り官(尋ねて行った時)には服務員(フウユェン)を良く使いました。 タクシー運転手に呼びかける時は「スーフ」本当は司机(スージ)ですがこれは間接的な使います.呼びかける時は「スーフ」がよく通じます。そして、到ダオ・・・・。と行き先を告げればいいです。正式は前にチン(清)を丁寧につけますが、そのため通じないことがあります。 ・・・・へ行け!ですが、言葉の強弱でやさしく言えば「行ってください」になるのです。
 ちなみに『どれぐらい時間がかかりますか?』は多少時間能到?(ナンダオ)です。
「我想去・・・・・」も間違いではありませんがダオの方が自然です。トイレを探すときは「シーソウジェン・ザイナーリ」が一発で通じます。「トイレどこですか?」の意味です。ツアソも通じますが一般的には会話の時に『何処でトイレ休憩がありますか?』などの時使い、切羽詰った時は洗xishoujianの方が一般的です。
 聴かれて知らないことは不知道(ブジダオ)ですが会話の時は仏堂(ブッドゥ)といえば、上手く通じます。同じように、よく使う言葉で『幾らですか?』はドウシャオチェンですが、これは吐き捨てるように、ドォ・チェンと・のところを一呼吸おいて発音するのがコツです。
 それじゃ行きましょうか?は「走バ」ゾーバッ!を二度軽く繰り返します。
さて、向こうに着いたら夜歓迎会の宴が開かれます。その時のほんの簡単な挨拶を。
大抵、日本語の分かる人ばかりですからほんのセレモニーといった感じで、皆の笑いで場が和むのが目的ですから、硬くならずに言いましょう。
「今夜は僕のために皆さんお集まり、歓迎の宴を開いて戴きとても感謝します。(嬉しいです)これから、一緒に一所懸命いろいろなこと勉強、努力したいと想います。どぞよろしくお願いします。」
今晩ジンワン・大家ダジャ・為我ウェイウォ・開カイ・歓迎会ファンインフゥイ我非常高興!今后ジンホォ・我門ウォメン・将ジャン一起イlチ・学習努力口巴バ・チン多多ドウドウ・ガンジャオ。
 以上、思いつくままに訳の分からない文を書き連ねました。

 ○貴兄の授業時間は少ないので他の先生が授業中は充分に可能です。 

○もう一人、先生ではなく事務方の要人がいるようです(新原時代より)あと、3名ほど、いわゆる非常勤  というのでしょうか、自分の授業だけすると帰ってしまう先生が3人ほどいるようです。 

○みやげのことは、特に生徒に上げる必要はないでしょう。自分のクラスに慣れてから3回目位に、なにげ なく上げたらどうでしょう。ハガキの1枚ぐらいを「これは先生から皆さんへの土産です」ではちょっと?ですね。 

 本当は少し慣れてから、何処か小旅行でもした時に安いアクセサリー(1個10円位ののを)を僕は上げていましたトテモ喜びます。そんなのが中国には山とありますから。まあ、絵葉書の1枚とは、そんなような感じです。 僕は前例みたいなことは余り気にしないタイプですから、多分、益田くんも、新原さんもしなかったかも知れません。 

○土産は、どこかでよばれた時、例えば**の友人、**の親、そんな時日本のものを持ってると助かります。

 流石、熱心ですね。歴史のことで思い出しましたが、科技学院ではそんな経験はありませんがその他ででも政治問題は答え方がむづかしいですね。政治には自分は余り関心が無い。分からないと、答えた方が何かと無難です。

  特に、靖国参拝などは鬼門です。僕も何故、小泉さんが経済人の反対を圧してまで行かなければいかないのか?又、他国の参拝にそれほど中国がめくじらを立てなければならないのかよく分かりません。 

中国人の場合、戦時の日本国民と同じ、教育で洗脳されている訳でしょうから個人個人の意見ではないわけです。 

ところでは、室内靴履きです。他人の家に行って靴を脱ぐケースはありません。唯一、サウナか按摩ぐらいです。ご心配要りません。 

 周さんのことはよく分かりません。僕のときは居たのかどうか余り知りません。新原さんが知ってるかもしれません。それと、学校への登校ですが、自分の授業が昼からの時は何も朝早く行くことはありません。又、午前で終わって自宅に帰りたくなったら、適当な理由を言って先に帰ったら良いと思います。生徒と親しくなって、市内、本屋とか図書館とかに行くことをお勧めします。 

 もひとつ、思いましたが、中国への入国書や中国からの出国証明書などは自分のサインだけは自分で書いてJTBにあるはずですから書いてもらったらいいでしょう。金が要るなら別ですが、機中では検疫証明書だけ書いた方が楽です。書き方はJTBにガイドブックが必ずあるはずです。要は、目的は「観光」行く先は「上海賓館」とか「ホリデーイン上海」「和平飯店」・・・ですか。 

 換金は上海空港の改札を出たところにあります。2万円(1600元位)とパスポートを出したら向こうで適当に小銭を混ぜて換えてくれます。案内所の小姐に「我想去虹橋机場」と言えばバス(公共汽車)乗り場を教えてくれます。

まあ、時間がありますからゆっくりさがしたら自分でも見つけ出せると思います。

    大石です。

       最後のメールになるかも知れません。
 虹橋空港に着いたら、もし、待ち時間がありすぎたら通路(二ヶ所の搭乗入口の間)にバッグの一時預かり所があります。確か5元位だったような気がします。預けて、一番奥の二階にあるレストランで何か食べるといいです。大きなトランクは持って行けなかった気がします。でも、1時間〜1:30分前から搭乗手続きが始まり、荷物を預かってくれますから、切符を見せて、何処のゲートから入るか手まねで教えてもらいます。変な会話よりその方が早いです。日本語でもいいですよ。どうせ相手は分からなくても、感でわかってくれます。パスポートの提示を忘れずに・・・・中国では、外国人はチケットの手続きの時だけは必ず、パスポートが必要です。中に入る時などは全く不要です。又、パスポートについて、何も聞きません。 
 電光掲示板を良く見ていてください。よく定刻の横に別な時間が書くかれていたら、それは遅延出発です。この前も言ったように、この空港もこの便は1時間遅れが多いそうです。その時は、すぐ、電話で、範先生の携帯にその旨を知らせた方が親切かもしれません。彼が空港で待つ時間が倍になりますから。まあ、そうならないのを期待しましょう。
 それと、行った2週間ぐらいは布団の中が寒いですよ。軟らかい電気アンカがありますね。スーパーで1000円ぐらい。あれが役に立ちました。でも、範先生に言ったら電気毛布(シーツ)を貸してくれます。その方が良いかもしれません。電圧の問題がありますから。
 住む部屋には電話が通じているはずです。でなければインターネットは出来ませんから。でも、電話回線ですから電話番号を教えてください。パソコンをしない時は電話につないでおく方がいいでしょう。範先生からの連絡はよくあります。

いろいろお世話にないました。では、行って参ります。随時HPにて送ります。改行のコントロールがむつかしいですね。

●無事着きました。3日の最初の授業は会話の授業でした。学生は大変明るく、授業は楽しいでした。 

宿舎は学校内にあり、学食が使えます。

 昼休み校外に出てみますと、古い市場が、昔の中国を見た感じです。やっとメールができる状態で、HPへの書き込みはできるか不安です。しばらくお待ちを。 

預かり物は範先生に届けました。大変喜んでおられました。

●よかったですね、僕も今、範先生にメールを書いたところです。

 貴方の悪口を書いたんじゃないかと心配です。 中国語をイッパイ学んできてください。

 身体、特に風邪には充分気をつけてください。熱が出ると大変です。 HP、楽しみに待っています。

 

●範ご夫妻や職員の皆さんに、たいへん気を使っていただいています。ので現在職員は範、劉先生ご夫妻に、外来講師3人、私の6人で授業。

事務は主に募集担当の周さん蒋さん(男)、パソコン担当の徐さん〔女〕の3にんです。

テラサキ先生はしばらく休職とのことです。 

いらいらしておられるだろうとは思いながら、なかなかです。

宿舎には電話線が来ていません。事務室兼職員室の私の机でメールができるようにお願いしてありますが、時間がかかりますね、とのことでした。

1台ある事務室のパソコンは、事務職員がしょっちゅう使っていますので、その間隙をぬって使うと、落ち着いて使えない為、写真も1枚になってしまいます。写真の入力もこのパソコンではたいへん複雑で、いずれも周さんに入れてもらいます。周さんもショッチュウ学校にいるわけではありません。ご理解ください。授業は楽しく順調です。土曜日は朝から雪になりました。学生が2人訪ねてきて、写真取りに列士公園に。日曜日は寮生が5人来て、中華料理を作って食べました


 

長沙科技日語学院・日本語教師応募の質問メールとお答えを特集しました。