民藝茶寮かねじょう
木製の茶盤の上に置いた茶壺(ちゃふ=茶器)に熱いお湯を注ぐ。中に入った青茶の葉がお湯でふくらんで甘い香りが漂ってくる。
 鹿児島市のグルメ通りにある民藝茶寮「かねじょう」は2000年12月から中国茶を昼間のメニューの主役に据えた。店主の上松宣彦さん(50)が「健康に良く、入れる楽しみも味わえる」と考えたのがきっかけだ。
 凝り性の上松さんは知人の中国人に教えをこい茶器も中国から仕入れた。今では、ウーロン茶などの青茶を中心に中国、台湾から輸入した27種類を出している。
 中国茶道の講師を務める真由美夫人(44)は「香りでリラックスした後、味を楽しめるのが魅力。三煎(せん)から五煎は飲め、香りも強くなります」。アロマセラピーを兼ねた味が楽しめる。

住所>>鹿児島市東千石町7−20−2F
電話>>099(223)0487
営業>>正午−午後9時
休日>>毎週月曜日休み

中国茶講習会のご案内
毎回お茶に合うデザート、飲茶などをいただきながら、効能・味・香・入れ方を楽しく学べる講習会を月に2.3回行っております。詳しくは、店にて直接お電話ください。>>担当&講師上松真由美まで
 
●オススメの中国茶=====================================
◎凍頂烏龍(とうちょうウーロン)台湾 凍頂山
高山茶の1つ。低地のものより軽やかな味わいで香りもまろやか、甘い余韻が長く続く。

◎鉄羅漢(てつらかん)福建省 武夷山
岩茶の中でも4大名茶の1つ。中国医学によれば熱病の治療に大変優れた薬効があるとのこと、体の芯から暖める力を持っている。

◎白龍珠(はくりゅうじゅ)福建省
1芯1葉の茶葉に、ジャスミンの花の香を吸わせ小さく丸めた高級のジャスミン茶。
 
======================●日中友好協会中国人スタッフの感想
>>今回でお店に来たのは5回目になりますが、毎回ここにきて中国茶を飲むと心が癒されます。お茶も種類豊富に置いてあり、本場中国(の雰囲気)も楽しむ事が出来るので、一度来店してみては...
 
事務局:鹿児島市千日町一番十二号高島屋開発(株)タカプラ099-226-2161 FAX099-224-2470
※ご質問等がありましたら、下記 鹿児島市日中友好協会の広報部までメールをください。
MAIL:kikaku@nihao-kagoshima.jp